シンポジウム「外国につながる女性の暮らしの困りごと―内なる国際化の視点から」

 社会学部付属研究所より標記のイベント情報が届きましたのでお知らせします。詳細は以下をご覧ください。

*******

シンポジウム
外国につながる女性の暮らしの困りごと
DV 子育て 健康 仕事
女性自助グループの活動経験と人身売買
内なる国際化の視点から

地域には、外国につながる多くの女性たちが暮らし、結婚や子育て、仕事をしています。外国につながっていることに加えて、女性であるためにドメスティックバイオレンス(DV)の被害や低い賃金、シングルマザーとしての困難などを抱えている人もいます。また、人身売買によって日本に来た女性たちもいます。彼女たちに寄り添っていくには、何が大切でしょうか。フィリピンからの移住女性たちをエンパワーメントしつつ、支援活動を30年近く続けてきた女性NGOグループのリーダーから話を聴きます。また、見えにくいけれど、ずっと続いている女性の人身売買の問題について、研究者からタイやその他の国々からの事例を含めた話を聴きます。

日時:2018年2月28日午後2時45分から4時50分(事前申し込み不要)
場所:明治学院大学白金校舎本館1252教室

第1部 「移住女性の暮らしと困りごとに向かいあって」(英語、質疑応答は日本語通訳付)
  長瀬アガリン氏 KAFIN(カフィン)飯能 代表

第2部 「日本における移住女性の背景と人身取引の課題」
  齋藤百合子氏 明治学院大学 国際学部 国際キャリア学科 准教授

問い合わせ先:明治学院大学社会学部付属研究所Eメール:issw@soc.meijigakuin.ac.jp
 詳細はこちらのチラシをクリックしてご覧ください。

20180229_2