「グローバル社会におけるキリスト教学校の役割-多文化共生社会の課題」講演会のお知らせ

 第16回 キリスト教学校教育懇談会主催 講演会「グローバル社会におけるキリスト教学校の役割-多文化共生社会の課題-」のお知らせが届いています。明学の「内なる国際化」プロジェクトを牽引する、本学教養教育センター教授の高桑光徳先生が基調講演をされます。

 日 時 2018年11月17日(土) 13時~16時45分
 会 場 青山学院大学9号館930教室[東京・渋谷]

 基調講演
 ■高桑 光徳氏 (明治学院大学教授)
 「“縮小時代”を迎えた日本社会における多文化共生社会とは」

 パネリスト
 ■発題 中村友太郎氏(AIA 足立インターナショナルアカデミー塾長)
 「“外国につながる子どもたち”とのふれあいから」
 ■発題 木村護郎クリストフ氏 (上智大学教授)
 「これからは英語の時代!……?」

 ☆入場無料☆

 主催:キリスト教学校教育同盟
    日本カトリック学校連合会

詳細はこちらをクリックしてチラシをご覧ください。