認証を受けるために必要な学び

  • 「多文化共生ファシリテーター」の認証を受けるためには,教室での学びと支援実践参加の学びの両方を修める必要があります。
  • 教室での学びは、2016年4月から開講しています。

*2016年度の開講科目については〈こちら〉を参照。
*2017年度の開講科目については〈こちら〉を参照。
*認証に必要な科目・単位数などについては〈こちら〉を参照。