2020年度開講科目

「多文化共生ファシリテーター/サポーター」認証をめざすには?

 所定の教室での学びを修めた学生を、「多文化共生サポーター」として認証します。その上でさらに、支援実践参加の学びをも修めた学生を、「多文化共生ファシリテーター」として認証します。
【教室での学び】2018~2020年度の明治学院大学共通科目のうち、指定された科目を12単位以上修得した者が申請を行った場合に「多文化共生サポーター」として認証します。開講科目は下記の2020年度開講科目情報をご覧ください。なお、提供科目については毎年度見直しを行います。
【支援実践参加の学び】「多文化共生ファシリテーター」の認証に必要な支援実践参加を希望する場合は、上記の【教室での学び】12単位に加えて★印の科目(合計4単位)を必ず履修してください。
認証の条件の詳細については下記ページを参照してください。
http://internal-i18n-meijigakuin.org/forauthentication

2020年度 明学共通科目の指定科目

1) 多文化共生入門1(2単位)

内なる国際化としての多文化共生①
担当講師:長谷部美佳先生
開講曜日時限:春学期 火曜1時限@横浜C
1年次より履修可能(2018年度生以降のみ)

2)多文化共生入門2 (2単位)

内なる国際化としての多文化共生②
担当講師:長谷部美佳先生
開講曜日時限:秋学期 火曜1時限@横浜C
1年次より履修可能(2018年度生以降のみ)

3) 多文化共生各論1(2単位)★

外国につながる子どもたちへの学習支援活動①
担当講師:高桑光徳先生・矢部まゆみ先生
開講曜日時限:春学期 火曜4・5時限@横浜C
1年次より履修可能(2018年度生以降のみ)

4) 多文化共生各論2(2単位)★

外国につながる子どもたちへの学習支援活動②
担当講師:矢部まゆみ先生
開講曜日時限:秋学期 火曜4・5時限@横浜C
1年次より履修可能(2018年度生以降のみ)

5) 多文化共生各論3(2単位)

多文化共生社会におけるコミュニケーションと<やさしい日本語>
担当講師:矢部まゆみ先生
開講曜日時限:春学期 火曜3時限@横浜C
1年次より履修可能(2018年度生以降のみ)

6) 多文化共生各論4(2単位)

多文化社会と日本語教育
担当講師:矢部まゆみ先生
開講曜日時限:秋学期 火曜2時限@横浜C
1年次より履修可能(2018年度生以降のみ)

7) グローバル社会と市民活動入門1(2単位)

グローバル社会から考える内なる国際化①
担当講師:長谷部美佳先生
開講曜日時限:春・秋学期 火曜2時限@横浜C
1年次より履修可能(2018年度生以降のみ)

8) ボランティア学7/グローバル社会と市民活動1(2単位)

「共生社会」再考:実践者との対話
担当講師:猪瀬浩平先生・可部州彦先生
開講曜日時限:春学期 火曜3時限@白金C
3年次より履修可能

9) ボランティア学8/グローバル社会と市民活動2(2単位)

「共生社会」再考:アプローチを探る演習
担当講師:猪瀬浩平先生・可部州彦先生
開講曜日時限:秋学期 火曜3時限@白金C
3年次より履修可能

10) ボランティア・市民活動論(国内)1A(2単位)★

担当講師:長谷部美佳先生
開講曜日時限:春学期 木曜2時限@横浜C
1年次より履修可能(2020年度生以降のみ)

11) ボランティア・市民活動実習(国内)(2単位)★

担当講師:長谷部美佳先生
開講曜日時限:春学期集中@横浜C
1年次より履修可能(2020年度生以降のみ)

12) ボランティア・市民活動論(国内)1B(2単位)★

担当講師:長谷部美佳先生
開講曜日時限:秋学期 木曜2時限@横浜C
1年次より履修可能(2020年度生以降のみ)

【注意】★印は「多文化共生ファシリテーター」の認証に必要な支援実践参加を含む科目です。明学共通科目については、次の①~③のいずれかの組み合わせでセット履修して単位修得(合計4単位)することが、「多文化共生ファシリテーター」の認証に必要です。①「多文化共生各論1」と「多文化共生各論2」(合計4単位)、②「ボランティア・市民活動実習(国内)」と「ボランティア・市民活動論(国内)1A」(合計4単位)、③「ボランティア・市民活動実習(国内)」と「ボランティア・市民活動論(国内)1B」(合計4単位)。